岸田首相ら「かりゆしウエア」で閣議 クールビズをPR

夏場を軽装で過ごす「クールビズ」をPRするため、岸田総理大臣や閣僚は沖縄の伝統的な「かりゆしウエア」を着て7日の閣議に臨みました。

節電対策の一環として夏場を軽装で過ごす「クールビズ」をPRするため、毎年6月上旬の閣議では総理大臣と閣僚が「かりゆしウエア」を着るのが恒例となっています。

岸田総理大臣は、先にミス沖縄の女性らから贈られた胸ポケットの部分に沖縄の伝統的な模様が入った紺色の「かりゆし」姿で閣議に臨みました。

出席した閣僚もさまざまな色合いの「かりゆし」を着ていて、ふだんの閣議とは異なり華やかな雰囲気となりました。
このあと、松野官房長官は記者会見で「『かりゆしウエア』は着心地もよく涼しいので夏を快適に過ごすには適した服装だ。閣議で閣僚全員が着ることで国民にクールビズに使えることを知ってもらい、沖縄の県産品の普及・促進につながることを期待している」と述べました。