インドネシア 世界遺産の寺院の入場料大幅引き上げに非難の声

インドネシア政府は世界遺産で日本からも多くの観光客が訪れる「ボロブドゥール寺院」について、寺院の保護を目的に外国人観光客の入場料を日本円でおよそ1万3000円とこれまでの4倍に引き上げる方針を示し、国内外から非難の声が相次いでいます。

インドネシアのジャワ島中部で8世紀から9世紀にかけて建立されたとされる「ボロブドゥール寺院」は、世界最大級の石造りの仏教寺院で、新型コロナウイルスが広がる前の2019年には、日本を含め国内外からおよそ400万人が訪れていた世界遺産です。

インドネシア政府は5日、寺院の保護を目的に外国人観光客の入場料を100ドル、日本円でおよそ1万3000円とこれまでの4倍に引き上げる方針を明らかにしました。

さらに寺院の内部への入場者については、1日1200人に制限するとしています。

また、国内の観光客についても、日本円でおよそ6700円と、これまでの15倍もの料金に設定することが検討されています。

インドネシア政府は、ことし4月からおよそ2年ぶりに外国人観光客の大幅な受け入れを再開し、ワクチン接種を条件に到着時のPCR検査や隔離を廃止するなどして、観光産業の回復を急いでいますが、SNS上では「高すぎる」とか「今後は富裕層しか行くことができない」などと国内外から非難の声が相次いでいます。