英エリザベス女王「くまのパディントン」と共演 演技が話題に

イギリスのエリザベス女王の即位70年を記念するイベントで、女王が「くまのパディントン」と共演する映像が公開され、ユーモアあふれる演技が話題となっています。

エリザベス女王の即位70年を記念する「プラチナ・ジュビリー」は、3日目となる4日、ロンドン中心部のバッキンガム宮殿周辺で大規模な野外コンサートが行われました。

女王は、コンサートに出席しませんでしたが、冒頭に上映された映像に出演し、この中では「くまのパディントン」をバッキンガム宮殿にお茶に招くシーンが描かれています。

「くまのパディントン」が、好物のママレードサンドイッチをいつも帽子に入れて持ち歩いていると話すと、女王が「私もよ」とユーモアたっぷりの笑顔でこたえ、ハンドバッグからママレードサンドイッチを取り出します。

その後、宮殿の外で、始まったコンサートで、イギリスのロックバンド「クイーン」の「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の手拍子が聞こえてくると、女王も、ティーカップをスプーンでたたいて、拍子を合わせていました。

野外コンサートでは「クイーン」のほか、エルトン・ジョンさんや、ロッド・スチュワートさんらが演奏しました。

また、チャールズ皇太子がスピーチし「女王陛下、そしてお母さん。あなたは私たちとともに笑い、泣き、そしてこの70年間、いつも私たちとともにいてくれた」と呼びかけました。