雲仙普賢岳 大火砕流から31年 犠牲者へ祈りささげる 長崎 島原

43人が犠牲になった長崎県の雲仙 普賢岳の大火砕流から、6月3日で31年です。地元の島原市では犠牲者の追悼が行われています。

平成3年6月3日、長崎県の雲仙普賢岳で発生した大火砕流では、地元の住民のほか、警戒にあたっていた消防団員や警察官、それに取材中の報道関係者など43人が犠牲になり、火山に対する防災対策や報道の在り方を見直すきっかけになりました。

発生から31年の6月3日、島原市では、噴火災害による集団移転でつくられた団地内の追悼碑や消防団の慰霊碑に献花台が設けられ、犠牲者への祈りがささげられています。

発生した午後4時8分には市内全域にサイレンが鳴らされ、遺族や市民が黙とうをささげて犠牲者を悼むとともに、噴火災害の記憶を後世に継承していく決意を新たにする日となります。

雲仙普賢岳の噴火活動は落ち着いた状態が続いていますが、山頂付近の溶岩ドームは大きな地震や大雨などで崩落する危険性が指摘され、防災対策をどう充実させるかなどが課題となっています。