ゴルフ 松山英樹が失格 3番ウッドが規則違反に 米男子ツアー

男子ゴルフの松山英樹選手が2日、アメリカツアーの大会で規則違反となるクラブを使用したとして第1ラウンドの途中で失格となりました。

松山選手は2日、オハイオ州で開催されたアメリカツアーの大会に出場しました。

松山選手は、2番と6番のパー4でそれぞれダブルボギーとボギーをたたき、3オーバーとスコアを落として前半の9ホールを終えたところで失格となりました。

PGA=全米プロゴルフ協会によりますと松山選手が使っていた3番ウッドのフェースの部分に付けていた白い塗装がボールのスピンなどに影響する可能性があると判断され、規則違反のクラブを使用したとして失格になったということです。
松山選手と同じ組で回っていたイギリスのローリー・マキロイ選手とアメリカのパトリック・リード選手は後半の9ホールを2人でラウンドしました。