中国海軍ミサイル駆逐艦など4隻 奄美大島の北西海域を航行

1日午前9時ごろ、鹿児島県の奄美大島の北西およそ120キロの東シナ海を、中国海軍のミサイル駆逐艦など4隻が航行しているのを海上自衛隊の艦艇や哨戒機が確認しました。

4隻は1日午後にかけて奄美大島と横当島の間の日本の接続水域を通過し、太平洋に出たということです。

国際法では他国の軍艦であっても接続水域を航行することは問題はありません。

4隻の中には燃料などを供給する補給艦が含まれていることから、防衛省は長期的な訓練などを行う可能性があるとみて航行の目的を分析するとともに警戒と監視を行っています。