JR飯田線 線路に複数の巨大な落石 作業終えるめど立たず 愛知

5月31日夜、愛知県新城市の山あいを走るJR飯田線の線路上に巨大な複数の岩が落ちているのが見つかりました。JRは周辺で運転を見合わせて撤去作業を急いでいますが、作業を終えるめどは立っていないということです。

5月31日午後9時前、愛知県新城市のJR飯田線の三河大野駅で信号機の不具合が発生し、JR東海の社員が現地に向かい周辺の線路を調べたところ、新城市の湯谷温泉駅と三河槙原駅の間の線路上に巨大な岩が複数落ちているのを見つけたということです。

現場は山あいを走る単線の線路で、巨大な岩がいくつも積み重なって線路を完全にふさいだ状態になっています。

現場周辺は信号機の不具合を受けて運転を見合わせていたため電車の通行はなく、けが人などもいませんでした。

JR東海は原因を調査するとともに撤去作業を急いでいますが、作業を終えるめどは立っていないということです。

この影響で、新城市の大海駅と浜松市の中部天竜駅の間の上下線で、始発から運転を見合わせていましたが、このうち大海駅から新城市の本長篠駅の間は1日午後5時前に運転を再開しました。