大幸薬品 全社員の1割余りの希望退職者募集へ 業績悪化で

主力商品の広告表示をめぐって消費者庁から指摘を受けた大阪の製薬会社「大幸薬品」は、業績の悪化を受けて、全社員の1割余りの希望退職者を募ることを決めました。

発表によりますと、大幸薬品は、来月中旬から全社員の1割余りにあたる30人程度の希望退職者を募集します。

対象となるのは、ことし7月末時点で40歳以上59歳未満の社員などです。

会社では、主力商品の「クレベリン」の広告表示をめぐって消費者庁から指摘を受けた影響などで売り上げが減少し、去年1年間の決算で最終的な損益が過去最大となる95億円の赤字となったほか、ことし3月末までの3か月間の決算でも17億円の最終赤字となるなど、厳しい経営状況が続いています。

このため経営陣の報酬を減額するなどコスト削減を進めていますが、今回の決定について、会社では「さらに人件費を減らす必要があると判断した」としています。

希望退職に応募した社員には、退職金を割り増しして支給するほか、再就職の支援なども行うということです。

大幸薬品は「コストの削減にも限界があり、社員には申し訳ないが誠実に対応していきたい」としています。