観光客受け入れ再開 旅行会社向けガイドライン 6月7日公表方針

外国人観光客の受け入れ再開をめぐり、岸田総理大臣は6月7日に旅行会社向けのガイドラインを公表する考えを示しました。
また今後、仙台空港など各地の地方空港で地元自治体と調整したうえで順次、国際線の受け入れ再開を進める方針を明らかにしました。

政府は外国人観光客の受け入れを6月10日から再開する方針で、これを前に試験的な団体旅行を実施しています。

これに関連して岸田総理大臣は31日夜、総理大臣官邸で記者団に対し「来月10日からの外国人観光客の受け入れ再開に先立ち、実証事業の結果も踏まえた外国人観光客受け入れ対応に関するガイドラインを来月7日に公表する」と述べました。

そのうえで「来月中の新千歳空港、那覇空港の再開に加え、今後も例えば仙台など、ほかの地方空港についても、地元自治体と調整したうえで、順次、国際線の受け入れ再開を進めていく。円安によるメリットを受けられるインバウンド再開は、地域経済にとって大きな意味がある」と強調しました。