新潟 三幸製菓が会見 遺族に謝罪し火が燃え広がった状況を説明

新潟県村上市にある菓子メーカー「三幸製菓」の工場で男女6人が死亡した火災について、会社が31日、火災のあと初めてとなる記者会見を開き、被害者や遺族に謝罪するとともに火が燃え広がった状況などについて説明しました。

ことし2月11日の深夜、新潟県村上市にある「三幸製菓」の荒川工場から火が出て従業員とアルバイト従業員の男女6人が死亡しました。

この火災について会社は31日午後、新潟市北区の本社で、火災のあと初めてとなる記者会見を開き、佐藤元保代表取締役CEOは「亡くなられた6名の従業員とご家族におわびするとともにお悔やみ申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と述べ、謝罪しました。

続いて会社が専門家とともに進めた調査の結果について公表しました。

このなかで火が燃え広がった経緯について、午後11時40分前、従業員が製品を仕上げる乾燥機の上で炎が広がっているのを見つけたことや、その時点で初期消火は難しい状態で、炎が断熱のために天井に取り付けられていたウレタンに燃え移って延焼したことを明らかにしました。

さらに、工場内の高圧ケーブルが火災で断線し、工場全体で停電が発生したということです。

また、6人が犠牲になった理由については、火災に気付いてから煙で視界がきかなくなるまで3分ほどだったことや、非常口の場所を知らない人にとって逃げるのが難しい状況だったことなどをあげました。

会見では、一部の従業員を避難訓練に参加させないまま業務に従事させていたことも明らかにしました。

警察は、会社側の安全管理に問題がなかったかどうか、業務上過失致死の疑いで調べています。