群馬と栃木 今年初の猛暑日 全国3割近く真夏日 あすも暑さ続く

29日は各地で気温が上がり群馬県高崎市と栃木県佐野市では日中の最高気温が35度を超えて国内でことし初めての猛暑日となりました。30日も暑さが続く見込みで気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、29日は東北から四国にかけて広く晴れて気温が上がり、日中の最高気温は▼群馬県高崎市と栃木県佐野市で35.2度とことし初めての猛暑日になりました。

また、
▼岐阜県多治見市で34.9度、
▼広島県安芸太田町加計で33.7度、
▼京都市で33.5度、
▼東京の都心で31.2度など全国の観測点の3割近い261地点で真夏日となりました。

このうち2地点が猛暑日でした。

気象庁によりますと30日も暑さが続く見込みで、日中の最高気温は
▼長野市と甲府市で32度、
▼福井市で31度、
▼名古屋市で30度、
▼東京の都心で29度などと予想されています。
この時期はまだ体が暑さに慣れていないため熱が体の中にこもり、熱中症の危険性が高くなります。

屋外で運動や活動をされる方は、こまめな水分の補給や休憩をとるなどして熱中症に十分注意してください。
また、厚生労働省は屋外で人との距離を確保できる場合やほとんど会話を行わない場面ではマスクを外すよう呼びかけています。

熱中症の疑い 都内で5人搬送

東京消防庁によりますと、都内では29日午後3時までに熱中症の疑いで3歳から86歳までの男女5人が病院に搬送されたということです。

これまでのところ症状が重い人はいないということで、
▼3歳の女の子と86歳の男性が中等症
▼このほかの3人はいずれも軽症だということです。

東京消防庁は冷房の適切な利用やこまめな水分補給などの対策をとるよう呼びかけています。

熱中症の疑い 群馬県で男女8人搬送

最高気温が35.2度と、国内でことし初めて猛暑日となった群馬県高崎市の消防によりますと、午後5時半の時点で、市内で熱中症の疑いで病院に搬送された人はいないということです。

このほか群馬県内では、各消防によりますと、午後5時半の時点で、10代から90代までの男女8人が熱中症の疑いで病院に搬送されたということです。

これまでのところ症状が重い人はいないということです。また、高崎市とともに国内でことし初めて猛暑日となった栃木県佐野市の消防によりますと午後5時半の時点で、市内で熱中症の疑いで病院に搬送された人はいないということです。

熱中症の疑い 埼玉県熊谷市でも12歳男子搬送

消防によりますと、熊谷市では29日午後4時までに12歳の男の子が野球をしている最中に気分が悪くなり、熱中症の疑いで病院に搬送されましたが、軽症だということです。