各地で真夏日 29日は猛暑日のところも 熱中症に十分注意を

28日は関東甲信から九州にかけて広く晴れて、各地で最高気温が30度以上の真夏日となりました。29日は東日本を中心にさらに気温が上がり、35度以上の猛暑日になるところもある見込みで、熱中症に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、28日は広く高気圧に覆われ、関東甲信から九州にかけて晴れて気温が上がりました。

日中の最高気温は、
▽山口市で31.4度
▽大分県の日田市で31度
▽福岡市で30.6度
▽甲府市と高松市で30.5度
▽静岡市と徳島市で30.2度など各地で真夏日となりました。

29日は東日本を中心にさらに気温が上がりところによって猛暑日になる見通しで、日中の最高気温は
▽埼玉県熊谷市で35度
▽前橋市で34度
▽水戸市と岐阜市で33度
▽名古屋市、さいたま市、甲府市、京都市で32度と予想されています。

体が暑さに慣れていない今の時期は、熱中症の危険性が高くなります。

ふだん以上に意識して水分を補給するなど、体調を崩さないよう対策をとってください。

一方、沖縄県では梅雨前線の影響で大気の状態が不安定で、宮古島市伊良部付近ではレーダーによる解析で28日午前6時50分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられます。

気象庁によりますと、29日にかけて前線は北上し、沖縄県の天気は回復するということですが、これまでに降った雨で地盤が緩んでいるところもあるとして土砂災害に注意を呼びかけています

都内で4人が熱中症疑いで搬送

東京消防庁によりますと、都内では28日午後3時までに熱中症の疑いで10代から50代の男女4人が病院に搬送されたということです。

これまでのところ症状が重い人はいないということで、50代の男性が中等症、このほかの3人はいずれも軽症だということです。

東京消防庁は、冷房の適切な利用やこまめな水分補給などの対策を取るよう呼びかけています。