知床 観光船沈没 原因究明へ船内で現場検証 海上保安庁

北海道・知床半島沖で沈没し27日、海底から引き揚げられた観光船について、海上保安庁は28日昼すぎ、網走港で改めて船内を捜索しました。すでに捜索は終わったということで、現在、船内では現場検証が行われ、計器類や損傷状況の確認など事故原因の究明に向けた調査が進められています。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没し乗客14人が死亡、12人が行方不明になっている事故では、沈没現場から1度つり上げられた船体が運ばれる途中で海底に落下しましたが27日、サルベージ会社の作業船に引き揚げられ、およそ45キロ離れた網走港に運ばれました。

船体は今後、陸揚げされる予定ですが、現在は停泊中の作業船に載せられたままで、周囲では午前中に作業員たちが骨組みにブルーシートを張って外から見えないように囲う作業にあたりました。

そして午後0時半ごろから、海上保安庁の特殊救難隊員が船内に入り、取り残された人がいないか改めて捜索を行ったということです。新たに手がかりが見つかったかなど詳しいことは明らかにされていません。

現在、船内では第1管区海上保安本部による現場検証が行われ、計器類や船体の損傷状況の確認など、事故原因の究明に向けた調査が進められています。

海上保安本部は、悪天候が予想されるなか出航を決めた運航会社の桂田精一社長から今後も任意で事情を聴くなどして業務上過失致死の疑いで捜査を進めることにしています。

海上保安部 業務上過失致死の疑いで船体の押収手続き

一方、海上保安庁は、業務上過失致死の疑いで令状を取り、船体を押収する手続きをとったことが関係者への取材で分かりました。

通常、船の事故の捜査は船体の押収はせずに現場で調べたうえで所有者に返却するなどしていますが、今回は事故の重大性や原因究明に時間がかかることから押収する判断をしたということです。