JR東海 葛西敬之名誉会長死去(81)旧国鉄の分割民営化に尽力

旧国鉄の分割民営化に尽力したJR東海の葛西敬之名誉会長が25日、間質性肺炎のため亡くなりました。81歳でした。

葛西氏は昭和38年に旧国鉄に入って職員局次長などを務めたあと、旧国鉄の分割民営化に尽力し、「国鉄改革3人組」とも呼ばれました。

昭和62年に新たに発足したJR東海の取締役に就いたあと社長や会長を歴任し、平成26年からは名誉会長を務めていました。

この間、葛西氏は山梨県のリニア実験線の整備や東海道新幹線の品川駅開業に尽力したほか、新幹線やリニアの技術の海外展開にも力を入れ、平成26年には旭日大綬章を受章しています。

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあとには、政府が設けた原子力損害賠償支援機構の運営委員を務め、賠償の問題や東京電力の経営改革に尽力するなど、公職を歴任しました。

また、保守派の論客としても知られ、政界にも幅広い人脈を持ちました。

JR東海によりますと葛西氏は病気で療養中でしたが、25日午前、間質性肺炎で亡くなりました。

81歳でした。

旧国鉄の改革に尽力した「国鉄改革3人組」

亡くなった葛西敬之氏は、JR東日本の社長を務めた松田昌士氏と、JR西日本の社長を務めた井手正敬氏とともに旧国鉄の改革に尽力し「国鉄改革3人組」とも呼ばれました。

国鉄は昭和24年に公社として発足しましたが、マイカーの普及やトラックによる物流の拡大に伴って、年々、シェアを落とし、昭和39年度に赤字に転落。

その後も借金が雪だるま式に膨れ上がり、昭和55年度以降は毎年1兆円以上の赤字を計上し続け、37兆円余りの長期債務を抱えるに至り、経営が行き詰まりました。

このため昭和57年、第2次臨時行政調査会、いわゆる「土光臨調」の方針で、5年以内の民営化の方針が示されました。

この中では全国で一元的な運営を行ってきたことが、輸送構造の変化に的確に対応できなかったと指摘され、分割することが決まりましたが巨大組織である国鉄の分割民営化は、困難だと言われていました。

葛西氏らは、昭和40年度に46万人余りいた職員を民営化前の昭和61年度には27万人余りに減らすなど徹底した合理化などを通じて、分割民営化を内部から主導しました。

そして昭和62年4月1日、国鉄は全国6社の旅客会社と貨物会社の計7社に分割され、すべての株式を国が保有する特殊会社として再スタートしました。

JR東海 金子社長「日本経済の発展に寄与した」

JR東海の金子慎社長は27日の定例会見で「大変残念に思っている。特に大きな功績は平成15年の品川駅の開業と東海道新幹線で時速270キロの運行を実現したことだと思う。これらによって東海道新幹線の利便性が高まり日本経済の発展に寄与した部分が大きかったのではないか」と述べました。

そのうえで「本人の近くで長く仕事をしていたが、日本の大動脈輸送を担うための長期的な視点と同時に足元の安全もおろそかにしてはいけないということをよく言っていた。これは今のわれわれの会社の捉え方として受け継がれている」と述べました。

安倍元首相「本当に残念で さみしい」

自民党の安倍元総理大臣は、国会内で記者団に対し「濃密なおつきあいをさせて頂き、本当に残念で、さみしい気持ちだ。ひと言で言えば国士で、常に国家のことを考えている人だった。安倍政権では有識者会議のメンバーとして集団的自衛権の行使を可能とする解釈の変更について、取りまとめを行っていただいた。先見性と実行力のある方で、心からご冥福をお祈りしたい」と述べました。

磯崎官房副長官「心からご冥福をお祈り申し上げたい」

磯崎官房副長官は記者会見で「葛西氏は国鉄の分割民営化や、リニア中央新幹線計画を発表しその実現に尽力された。さらに、宇宙政策委員会の委員長や、原子力損害賠償支援機構の運営委員などに就任いただき、政府の諸課題に対して高い識見をいかしながら、幅広く尽力をたまわった。心からご冥福をお祈り申し上げたい」と述べました。

日商 三村会頭「政治家とのつきあい方などスケール大きい」

JR東海の葛西敬之名誉会長が亡くなったことについて、日本商工会議所の三村会頭は27日の定例会見で「大学の同期のよしみで一時期、葛西氏が主宰した『四季の会』にも出席していたが、私たちのような純粋な経済人とは違い、彼の場合は政治家とのつきあい方などスケールが一回り大きく、中国に対しても独特な考え方を持っていた」と述べました。

そのうえで、葛西氏が旧国鉄の分割民営化に尽力したことについては「民営化を進めたことは大いに結構なことだが、内外からの抵抗は大きかったと思う。これを成し遂げるのは通常の経済人ではできなかっただろうし、政治力というのも必要だったのではないか。われわれとは違った活躍をされた方だと思う」と述べました。