知床 観光船 作業船に固定されウトロ沖到着 引き揚げ作業開始

北海道・知床半島沖で沈没した観光船を再びつり上げる作業が行われ、26日夜、事故後初めて船体が海面より上に現れました。
その後、斜里町ウトロ沖の水深の浅い海域まで運ばれ、作業船の上に引き揚げるための作業が行われています。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、船体はサルベージ会社の作業船によって沈没現場の海底からつり上げられたあと、24日、海中につり下げた状態で運ばれる途中に斜里町のウトロ沖の水深182メートルの海底に落下しました。

26日、サルベージ会社の作業船によって再びつり上げ作業が慎重に行われ、午後7時前、事故後、初めて海面より上に船体が現れました。

そして作業船の横に固定され、26日夜10時半、引き揚げ作業に適したウトロ沖の水深の浅い海域まで運ばれました。

現場ではすでに、船体を作業船の上に引き揚げるための作業が始まっていますが、クレーンを使って慎重に行われるため、引き揚げが完了するのは早くても日付が変わったあとの27日未明になる見込みです。

その後、船体は最終的には網走港に運ばれ、船内の水を抜いてから陸揚げされることになっています。