自動配送ロボットがスーパーのネット注文の商品を配達 茨城

インターネットのサイトでスーパーの商品を注文すると、自動配送ロボットが最短30分で自宅まで届けてくれるサービスが、茨城県つくば市の一部の地域で始まることになりました。

これは、ネット通販サイトを運営する楽天グループと大手電機メーカーのパナソニック、それに大手スーパーの西友が、5月28日から7月までの毎週土曜日に行う取り組みで、26日はそのデモンストレーションが行われました。

サービスの対象は、つくばエクスプレスのつくば駅周辺のおよそ1000世帯で、利用者がインターネットの専用サイトで生鮮食料品や日用品などを注文すると、自動配送ロボットが、駅の近くのスーパーから家まで商品を届けます。

ロボットは、時速4キロで歩道を進み、近いところだと最短30分で届けることができるということです。

今回の取り組みでは、保安要員がロボットの近くで配送を見守ることにしていて、商品を載せたロボットが、マンションの入り口や住宅まで商品を運んでいました。

利用したつくば市の40代の女性は「マンションなので、重いものを駐車場から運ぶのが大変でしたが、家の前まで来てくれて助かります」と話していました。

つくば市政策イノベーション部の森祐介部長は「買い物に困難を抱えている人々が、こうしたサービスを日常的に使えるようになり、市民の利便性が向上していくことが大事だと思っています」と話していました。