千葉 富里市のアパートで 外国人とみられる男性2人死亡 殺人か

26日未明、千葉県富里市のアパートで、外国人とみられる30代くらいの男性2人が死亡しているのが見つかり、警察は、殺人事件の疑いもあるとみて捜査しています。近くの路上では、けがをした外国人とみられる男性1人が倒れているのも見つかっていて、警察が関連を調べています。

26日午前3時すぎ、富里市七栄のアパートで男性2人が血を流して死亡しているのを警察官が見つけました。

警察によりますと、2人は30代くらいの外国人とみられ、いずれも刃物のようなもので切られたあとがあったことから、警察は殺人事件の疑いもあるとみて捜査しています。

また、2人が見つかる直前、アパートから70メートルほど離れた路上では30代くらいの外国人とみられる男性1人が倒れているのを、通りかかったトラックの運転手が見つけ、警察に通報していました。

倒れていた男性は意識はあったということですが、けがをしていて、病院で手当てを受けているということです。

これまでの調べによりますと、アパートから男性が倒れていた路上の間では血痕が見つかっていて、警察は死亡した2人との関係についても調べています。

現場は富里市役所から南西に100メートルほどの市の中心部です。

現場近くに住む人「サイレンで目覚ますまで 変わったことなし」

現場近くに住む自営業の50代の男性は「午前3時すぎに救急車のサイレンで目を覚ますまで、特に変わったことはありませんでした。外を見ると警察や消防がたくさん駆けつけていて、ふだんは静かな場所なので驚いています」と話していました。