「サル痘」患者200人以上確認 欧米各国 ワクチン確保進める

欧米を中心に「サル痘」の患者が200人以上確認される中、スペイン政府は25日、サル痘にも有効な天然痘のワクチンを購入すると明らかにしました。ドイツやイギリスなどもワクチンの確保を進めていて、感染拡大への警戒を強めています。

ECDC=ヨーロッパ疾病予防管理センターは25日、EU域内で確認されたサル痘の患者はこれまでに12か国で118人に上ると発表しました。

また、イギリスでも患者が増え78人に達したほか、カナダやアメリカ、オーストラリアなどもあわせると世界各国で200人以上の患者が確認されています。

こうした中、51人の患者が確認されているスペインのダリアス保健相は25日、デンマークの製薬企業からサル痘にも有効な天然痘のワクチンを購入すると発表しました。

購入したワクチンの量は明らかにしていませんが、国内すべての州に配布し、接種の準備をすすめるとしています。

このほかドイツ政府は感染の拡大に備え、4万回分の天然痘ワクチンを発注したことを明らかにしたほか、イギリス政府も患者と濃厚接触した人や医療従事者などに接種する態勢を整えています。

また、これまでに3人の患者が確認されているアメリカは、CDC=疾病対策センターが「必要に応じ政府が備蓄しているワクチンを接種する用意がある」としていて、サル痘の感染拡大に各国は警戒を強めています。

松野官房長官「現時点で国内未確認 発生動向を監視」

松野官房長官は、午後の記者会見で「サル痘は、感染症法上『4類感染症』として、全数届け出の対象になっている。今月20日には、サーベイランス強化のため厚生労働省から自治体や医療機関に対し、各国の状況やサル痘の症状、感染経路などに関する情報提供を行いつつ、疑い例があった場合には必要な報告を行うよう依頼した」と説明しました。

そのうえで「現時点で日本国内で感染例や疑い例の報告は確認されていないが、WHO=世界保健機関とも連携しながら情報収集に努めており、引き続き、国内外の発生動向を監視しつつ、必要な対応を講じていく」と述べました。