知床 観光船 再びつり上げへ きょう無人の水中ロボットで作業

北海道・知床半島沖で沈没した観光船は24日、作業船で海中につられた状態で運んでいる途中に落下し、深さおよそ180メートルの海底に沈みました。この船体を再びつり上げるため、25日はサルベージ会社が無人の水中ロボットを使って船体にベルトをかけるなどの作業を行う予定です。

知床半島の沖合で観光船「KAZU1」が沈没した事故で、船体は23日沈没現場の深さおよそ120メートルの海底からつり上げられ、海中につられた状態のままサルベージ会社の作業船で運ばれていましたが、24日午前、斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合で落下しました。

落下した船体は、深さおよそ180メートルの海底に船底を下にした状態で沈んでいるのが確認され、大きな損傷はなく原形をとどめているということです。

また、第1管区海上保安本部によりますと、船体にかかっていたベルト5本のうち船尾側の2本が切れていましたが、落下の詳しい原因は分かっていないということです。

サルベージ会社は25日、無人の水中ロボットを使って船体にベルトをかけるなどの作業を行ったうえで、26日にも再び船体を水面までつり上げ作業船に横付けして固定することにしています。

潜水士による飽和潜水は行わず、すべて水中ロボットで作業を進めるということです。

船体を再びつり上げた後はウトロ港から1キロ沖合の海域に移動して作業船の上に引き揚げ、早ければ今月27日に網走港に陸揚げする方針です。