知床 観光船 運搬中に船体落下 ひも通した手すり外れる

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、24日午前、海中につられた状態のまま作業船で運ばれていた船体が、北海道斜里町沖で水深180メートルの海底に落下しました。

つり上げのためのナイロン製のひもを通していた船体の前方の手すりが外れていたことが分かり、今後、サルベージ会社が、水中ロボットを使った遠隔操作で船体にひもをくくりつけて再びつり上げる方針です。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、23日、船体が水深およそ120メートルの海底からつり上げられ、海面の下20メートル程度の海中につられた状態のまま、作業船で運ばれていましたが、24日午前、斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合で落下しました。

サルベージ会社が作業船の運航中に、海中の船体の状況を点検していましたが、午前9時から10時の間に船体が落下しているのがわかり、その後、深さ182メートルの海底に沈んでいるのが確認されました。

海上保安庁によりますと、サルベージ会社が水中カメラで調べた結果、つり上げるためのナイロン製のひもを通していた船体の前方にある手すりが外れていたことがわかったということです。

潮の流れを受ける中で手すりが外れて船体がバランスを崩して落下した可能性があり、船体に5本かかっていたひものうち、船尾側の2本は切れていたということです。

また、船体は、船底を下にした状態で沈没していて、水中カメラで確認する限り、原型をとどめているということです。

サルベージ会社は、25日にも水中ロボットを使った遠隔操作で船体にひもをくくりつけるなど本格的な準備を始め、早ければ26日再びつり上げる方針です。

船体の落下現場は

「KAZU 1」の船体が落下したのは、23日につり上げられた沈没現場からは南西方向に直線で32キロ余り離れています。

海上保安庁のウェブサイト「海洋状況表示システム」では、斜里町のウトロ港から西に、およそ11キロ沖合で、水深150メートルと200メートルを示す2本の「等深線」のちょうど中央部分に位置しています。

同じオホーツク地方の網走市沖などと比べて、水深が深くなる間隔が狭いことがわかります。

専門家「潮流の抵抗が影響したか」

海上保安庁で、現場トップの海上保安監や警備救難部長を歴任した伊藤裕康さんは、観光船が落下したことについて「船の進行方向に対し、現場海域では潮の流れが逆向きだったと思う。船体が抵抗を受けて補強していたロープが緩むなどの影響があったと考えられる」と指摘しています。

そのうえで、捜査や調査に与える影響については「水深180メートルの海底なので、多少なりとも傷がついている可能性はある。ただ、最初に船体を発見した段階で船の周囲をくまなく撮影して証拠をおさえているはずで、今回ついた傷かどうかは区別はつく」と述べ、限定的だという考えを示しました。

今後の引き揚げに向けた作業については「今回は船内の様子を確認する必要がないので、水中カメラでの作業の可能性もある。深さの影響はないが、いちばんの問題は潮流になる。潮流を読みながらコントロールするのは難しいとは思うが、順調にいけば数日で引き揚げ作業ができるのではないか」と話していました。

捜索に当たった漁業者「船体に傷がついていないか心配」

観光船「KAZU 1」の船体が斜里町沖の海底に落下したことについて、斜里町ウトロの漁業者で事故のあと仲間とともに行方不明者の捜索に当たった古坂彰彦さん(63)は「原因究明を期待していたので残念だし、落下により船体に傷がついていないか心配だ」と話していました。

松野官房長官「家族に対し丁寧な説明を行うよう努める」

松野官房長官は午後の記者会見で「現時点では目立った損傷は認められず、今後、事業者が再度の引き揚げに向け、水中カメラによる調査などを実施するとともに、今回の事態が起きた原因も調査することになる。現時点で今後の引き揚げに向けたスケジュールなどを言える段階ではないが、家族に対しては、国土交通省から丁寧な説明を行うよう努めていきたい」と述べました。

中山国土交通副大臣 「海流などの難しい状況があり落下」

中山国土交通副大臣は観光船「KAZU 1」の船体が斜里町沖の海底に落下したことについて、再び、引き揚げを目指す考えを示しました。

現地対策本部が置かれている斜里町役場のウトロ支所では、24日夕方、乗客の家族に対する説明会がオンラインで開かれ、39人が参加しました。
この中では「KAZU 1」の船体が運ばれる途中に海底に落下したことなどを報告したということです。

説明会のあと、中山国土交通副大臣は記者団に対し、「慎重に作業を行っていたが、海流などの難しい状況があり、落下が起きてしまった。物証への影響がまったくないとは考えていないが、このようなことを起こしてしまい大変残念だ」と述べました。

その上で、「まずは引き揚げることが第一だ。皆さんの『引き揚げて事故の原因を究明してほしい』という気持ちに応えられるよう安全第一で作業を進めてほしい」と述べ、再び、引き揚げを目指す考えを示しました。