ことば聞き分けるトド 観客の声で芸を披露 兵庫 豊岡

人のことばを聞き分けて芸ができるトドを飼育する兵庫県豊岡市の水族館で、観客がトドに直接ことばをかけてふれあえる特別なツアーが行われました。

豊岡市の水族館「城崎マリンワールド」で 飼育されている12歳のメスのトド「ハマ」は、人のことばを聞いて50の技を披露することができ、「日本一ことばを聞き分けるトド」として人気を集めています。
22日はハマの特技を間近で見てもらおうと特別な体験ツアーが行われ、事前に応募した一般の客10人が、ハマの目の前まで来て「敬礼」や「投げキス」などと声をかけるとハマは前足を使って得意のポーズを決めていました。

さらに「島に行って」と声をかけられるとプール内の島まで泳ぎ、「倒立、GO」と言われると、見事な倒立を見せたあとプールに勢いよく飛び込む大技を披露し、参加者を驚かせていました。

大阪から来た女性は「小さな声だと反応しなかったので、ことばが通じて行動しているのが分かり感動しました」と話していました。

飼育員の安本春菜さんは「トドは、人の手ぶりと声の2つを組み合わせて指示を理解しますが、ハマは声だけで聞き分けて行動することができます。直接指示を出すことで生き物の魅力や能力を感じてほしいです」と話していました。

特別ツアーは来月5日までの土日限定で開催され、参加には事前の応募が必要です。