プロ野球 パ・リーグ首位 楽天 今季初の同一カード3連敗

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグ首位の楽天は則本投手がオリックス打線に6回6失点と崩れ、今シーズン初の同一カード3連敗です。

セ・リーグ

▽広島対中日は、広島が1対0で勝ちました。

広島は0対0の6回、代打・堂林選手の3号ソロホームランで均衡を破り、4人の投手リレーで1点を守りました。先発したアンダーソン投手が6回をヒット5本無失点で2勝目をあげました。中日は8回途中を1失点と好投した柳投手を援護できず5連敗です。

▽DeNA対ヤクルトは、ヤクルトが5対3で勝ちました。

ヤクルトは1回、山崎選手のタイムリースリーベースなどで2点を先制し、2回に塩見選手のタイムリー、5回には村上選手のタイムリーツーベースで効果的に点を加えました。2人目の木澤投手が2勝目をあげ、マクガフ投手が13セーブ目です。DeNAは牧選手がタイムリー2本を含めて1人で全打点を挙げましたが、チャンスを生かし切れませんでした。

▽阪神対巨人は、阪神が4対0で勝ちました。

阪神は2回、近本選手のタイムリーヒットに続いて大山選手の2点タイムリー、それに佐藤輝明選手のタイムリーで4点を奪いました。
先発した伊藤将司投手はヒット8本を打たれながら要所を締めて今シーズン初勝利をプロ初完封で飾りました。巨人は先発の高橋投手が2回途中4失点と崩れ打線もつながりを欠きました。

パ・リーグ

▽楽天対オリックスは、オリックスが6対1で勝ちました。

オリックスは1回、中川圭太選手の2点タイムリーツーベースで先制しました。3回には中川圭太選手と杉本選手のタイムリーで2点を加え、6回には頓宮選手の2号ツーランでリードを広げました。先発の宮城投手は6回1失点で3勝目をあげ、チームは3連勝です。楽天は則本投手が6回6失点と崩れ、今シーズン初の同一カード3連敗です。

▽ソフトバンク対ロッテは、ソフトバンクが3対2で勝ちました。

ソフトバンクは4回、柳田選手の7号ツーランと柳町選手のタイムリーツーベースで3点を先制しました。先発の和田投手は6回途中をヒット2本1失点で今シーズン初勝利をあげ、モイネロ投手が7セーブ目です。ロッテは2点を返して追い上げましたが、届きませんでした。

▽日本ハム対西武は、西武が3対0で勝ちました。

西武は1回に外崎選手のタイムリーヒットなどで2点を先制し、8回に栗山選手のタイムリーツーベースは7回をヒット3本無失点で3勝目をあげました。西武は連敗を5で止めました。日本ハムは打線がシングルヒット3本に抑えられ、連勝が3で止まりました。