中国海軍の空母など7隻 沖縄本島と宮古島間を往復 訓練か

沖縄の南の太平洋を航行していた中国海軍の空母「遼寧」など7隻の艦艇が、沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海に戻ったのが確認されました。
今月上旬に太平洋に出て以降、この空母では戦闘機などの発着が300回以上確認されていて、防衛省は訓練を行ったとみて分析を進めるとともに、警戒と監視を続けています。

防衛省によりますと、「遼寧」のほか、ミサイル駆逐艦など中国海軍の艦艇合わせて7隻が、21日沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海に入ったのを確認したということです。

「遼寧」は、今月2日に同じ海域を通過して東シナ海から太平洋に出ていて、この空母が沖縄本島と宮古島の間を往復したのが確認されたのはこれが4回目です。

防衛省によりますと、「遼寧」では、沖縄の南の太平洋を航行していた今月3日以降、搭載している戦闘機やヘリコプターが合わせて300回以上、発着したのが確認されたということです。

防衛省は、中国海軍が、空母の運用をはじめ、遠方での作戦遂行能力の向上を目的に訓練を行ったとみて詳しい分析を進めるとともに、警戒と監視を続けています。