愛知 取水トラブル 近くの河川から水をくみ上げ農業用水に

愛知県豊田市で起きた大規模な取水トラブルでは、農業用水の利用停止が続いていますが、22日午後から別の河川からポンプで水をくみ上げ、農業用水に取水することになりました。ただ、取水できる量が少ないため愛知県などは引き続き、水の確保を急いでいます。

愛知県豊田市の「明治用水」で起きた大規模な取水トラブルでは、ポンプで川から水をくみ上げる応急措置を行っていて、工業用水は利用が再開されましたが、農業用水は利用停止が続いています。

田植えなどの時期を迎えた農業関係者からは早期の再開を求める声が上がっていて、農業用水を管理する明治用水土地改良区は22日、近くを流れる猿渡川に5台のポンプを設置して水をくみ上げて農業用水に取水することにしました。

しかし、猿渡川を管理する愛知県によりますと、取水できる量はわずかだということで、愛知県などは引き続き、水をくみ上げる場所を増やしたり、ポンプを追加で設置したりして、さらなる水の確保を急いでいます。