知床 観光船沈没 強風予想で引き揚げ作業中断 あすから再開へ

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、22日に現場海域では強風が予想されたことから、船体の引き揚げに向けた作業は中断されました。
サルベージ会社の作業船は夕方、港を出発して現場海域に向かっていて、23日から作業を再開させる予定です。

先月23日、知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」(19トン)が沈没した事故は、乗客14人が死亡、今も12人の行方が分かっていません。

深さおよそ120メートルの海底に沈んだ観光船について、国土交通省は21日に船の引き揚げに向けた準備作業に着手しましたが、22日は強風が予想されたため作業を1日中断しました。

第1管区海上保安本部によりますと、サルベージ会社の作業船「海進」は22日午後5時ごろ、停泊していた現場近くの網走港を出発し再び現場海域に向かっています。

23日から作業を再開する予定で、早ければ23日中に船体を水面付近の海中までワイヤーでつり上げる作業を行い、24日にも作業船の上に船を引き揚げる方針です。

一方、行方不明者は先月28日を最後に見つかっておらず、海上保安本部や自衛隊は現場周辺から北方領土の国後島周辺にかけての広い範囲で引き続き、夜を徹して捜索にあたることにしています。