【詳しく】バイデン大統領あす来日 「日米首脳会談」の焦点は

アメリカのバイデン大統領が5月22日から24日にかけて日本を訪問し、23日、岸田総理大臣との日米首脳会談に臨みます。

対面での本格的な会談は両首脳にとって初めてで、ウクライナ情勢も踏まえ、安全保障や経済など幅広い分野で一層の連携を確認する見通しです。

ウクライナ情勢

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、国際秩序の根幹を揺るがすもので断じて容認できないという認識を共有し、G7=主要7か国で連携し、ロシアに対する厳しい制裁とともに、ウクライナへの支援を継続していく方針を確認するものとみられます。

日米同盟

ウクライナ情勢や中国の覇権主義的行動など、法の支配に基づく国際秩序が挑戦を受けているという認識のもと、日米同盟を一層揺るぎないものとする方針で一致し、中国などを念頭に地域の安全保障を強化するため、日米両国の抑止力と対処力を強化する方針を確認する見通しです。

岸田総理大臣は、弾道ミサイルに対処するための「反撃能力」の保有や防衛費の増額を求める自民党の提言も踏まえ防衛力を抜本的に強化する考えを伝え、アメリカの核戦力と通常戦力の抑止力によって日本を守る「拡大抑止」の強化をめぐっても意見が交わされそうです。

中国

中国への対応も主要な議題の1つとなります。

中国が、東シナ海や南シナ海への海洋進出を強めていることに深刻な懸念を示し、いかなる地域でも力による一方的な現状変更は認められないという認識を共有するものとみられます。

そして、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を推進していく方針で一致し、沖縄県の尖閣諸島がアメリカの防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であることを改めて確認する見通しです。

また、バイデン政権は、中国が将来的に軍事力を背景に台湾の統一をはかることへの警戒を強めていることから、台湾をめぐるやり取りも焦点の1つとなるほか、新疆ウイグル自治区や香港などの人権問題も扱われ、深刻な懸念が共有される見通しです。

北朝鮮

核・ミサイル技術の開発を強化する北朝鮮への対応をめぐっては、完全な非核化に向け、日米両国や韓国も含めた3か国で緊密に連携していく方針が確認される見通しです。

また、アメリカ当局が、バイデン大統領の韓国、日本の訪問中にも北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射や核実験に踏み切る可能性があるという見方を示していることから、最新の情勢を踏まえ協議が行われる見通しです。

さらに、岸田総理大臣は、拉致問題の解決に向けた理解と協力を改めて求め、支持をとりつけたい考えです。

韓国

日本政府がユン・ソンニョル大統領との間で関係改善を模索するとしていることを受け、韓国訪問を終えたバイデン大統領から言及があるかどうかも注目されます。

宇宙政策

今回の首脳会談を前に、日本政府は、宇宙政策に関する方針の案を取りまとめました。

この中では、ロシアや中国の活動を念頭に「宇宙空間の持続的かつ安定的な利用を妨げる脅威・リスクがこれまで以上に高まりつつある」としています。

そして、宇宙状況の監視衛星を2026年度までに打ち上げるなど状況把握のための体制強化や、ミサイル防衛などのために多数の小型衛星が互いに連携する「衛星コンステレーション」の検討を進めるほか、宇宙空間での法の支配を実現し、宇宙安全保障と宇宙空間の持続的かつ安定的な利用を確保するため、アメリカや友好国と連携してルール作りに取り組むなどとしていて、こうした協力が深まるかどうかも焦点の1つです。

IPEF(アイペフ)

経済分野では、アメリカが主導する新たな経済連携「IPEF=インド太平洋経済枠組み」の設立についてバイデン大統領が説明し、岸田総理大臣も参加の意向を伝える方向で調整が進められています。

IPEFでは、サプライチェーンの強化や質の高いインフラへの投資などでの協力が想定される一方、現時点ではTPPのような関税の引き下げは対象になっておらず、岸田総理大臣はTPPへのアメリカの復帰も引き続き働きかけていく方針です。

半導体・レアアース

世界的に不足している半導体についても話し合われ、AI=人工知能をはじめとする次世代技術に必要な半導体の開発競争が激しさを増すなかで、その確保や研究開発に向けた協力の強化を確認する見通しです。

また、中国がレアアースなどの重要資源の確保を国策で強化していることを念頭に重要資源の安定的な供給の在り化をめぐっても意見が交わされるものとみられます。

気候変動問題

バイデン政権が重要課題と位置づける気候変動問題も取り上げられる見通しです。

日米両政府ともに、2050年までに排出量を全体としてゼロにすることにすることを目標に掲げる中、日本はロシアへのエネルギー依存度を減らすため、安全を確保した原子炉の有効活用を図るとともに、再生可能エネルギーの導入を推進する方針で、会談でも脱炭素関連の技術協力について協議が行われる見通しです。

また、温室効果ガスの世界最大の排出国、中国の協力も必要となるため、中国へのアプローチをめぐっても意見が交わされる可能性もあります。

岸田首相とバイデン大統領のこれまでの交流

岸田総理大臣は、4年半余り務めた外務大臣当時、オバマ政権の副大統領だったバイデン大統領と親交を深めてきました。

総理大臣就任から一夜あけた去年10月5日の午前には、バイデン大統領と電話会談を行いました。岸田総理大臣にとって外国首脳と行った最初の電話会談でした。

翌11月、イギリスで開かれた気候変動対策の国連の会議、COP26の場では、短時間ではあったものの対面で会談しました。できるだけ早く時間をかけて会談できる場を設けることで一致し、岸田総理大臣は、早期のアメリカ訪問を目指しましたが、新型コロナの感染拡大やアメリカ国内の政治情勢なども影響し、調整は難航。

そして、ことし1月、オンラインで1時間余り会談。バイデン大統領を日本に招き、オーストラリアとインドを加えた4か国の枠組み、「クアッド」の首脳会合をことし前半に日本で開催する方針を確認しました。

ことし3月には、ウクライナ情勢をめぐってベルギーで開かれたG7=主要7か国の首脳会議に出席した際も、対面で短時間会談しました。岸田総理大臣とバイデン大統領の対面での会談は、これまでは短時間で、本格的なものは今回が初めてとなります。

過去の日米首脳会談では趣向を凝らしたもてなしも

日米両国の首脳の間では、個人的な信頼関係を築くため、これまで、受け入れる側が趣向を凝らして相手をもてなす場面も見られました。
▽1983年
中曽根総理大臣は、レーガン大統領を、東京 日の出町に所有していた別荘に招きました。「ロン」「ヤス」と互いを愛称で呼び合い、中曽根氏がほら貝を吹く姿も話題になりました。
▽2006年
ブッシュ大統領が、小泉総理大臣を案内したのは、アメリカの国民的歌手、エルビス・プレスリ-の邸宅でした。プレスリーの大ファンだという小泉氏はサングラスをかけてパフォーマンスを披露。両首脳の親密ぶりを印象づけました。
▽安倍総理大臣とトランプ大統領は、共通の趣味のゴルフを通じて、親交を深めました。2017年11月にトランプ大統領が初めて日本を訪れた際には、松山英樹選手も交えてプレーを楽しみました。

来日備え警視庁 警察官1万8000人動員で厳重警戒

バイデン大統領が22日に来日するのを前に、警視庁は1万8000人の警察官を動員し、都内の訪問先などを中心に厳重な警戒にあたっています。

バイデン大統領は22日の夕方、東京 福生市の横田基地に到着し、2泊3日の日程で日本に滞在します。

これを前に、警視庁はアメリカ大統領の来日時としては最大規模となる、1万8000人を動員して都内の訪問先や駅など大勢の人が集まる場所を中心に厳重な警戒にあたっています。

このうち、渋谷駅やその周辺では制服姿の警察官が多く配置され、不審物などがないか見回りを行っていました。

バイデン大統領は滞在中、天皇陛下との会見や日米首脳会談に臨むほか、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会も予定されています。

そして最終日の24日には、日本とアメリカにオーストラリア、インドを加えた4か国の枠組み、クアッドの首脳会合などに出席することになっています。

滞在中は大統領の移動に合わせて首都高速道路や周辺の一般道路で通行が規制されるほか、大規模な車両検問なども行われるということです。

警視庁はウクライナ情勢で国際的な緊張が高まる中での来日だとして、最高レベルの態勢で警戒にあたることにしています。

「世界の終わりの日のための航空機」E4も飛来

20日午後4時ごろ、アメリカ軍嘉手納基地に国家の非常事態の際に上空から軍を指揮できる特殊な航空機、E4が飛来しました。

アメリカのバイデン大統領の韓国訪問にあわせて飛来したものと見られます。

アメリカ軍嘉手納基地に飛来したのはE4と呼ばれるボーイング747を改造してさまざまな通信設備を加え、「国家空中作戦センター」として運用される特殊な航空機です。

核戦争や大規模災害で軍の指揮機能が無くなる非常事態の際に上空から世界中のアメリカ軍を指揮できる能力を備えていて、「世界の終わりの日のための航空機」とも呼ばれています。