知床 沈没の観光船 22日にもつり上げ 翌日作業船上に引揚げへ

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、海底に沈んだ船を潜水士が確認した結果、大きな損傷がなかったことなどから、国土交通省は早ければ22日にも船体を海面近くまでつり上げ、翌23日には作業船上に引き揚げる方針を固めました。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没し、14人が死亡、12人が行方不明になっている事故で、19日から、民間のサルベージ会社の潜水士が深さおよそ120メートルの海底に沈んだ船の内部の捜索や調査を行っています。

関係者によりますと、これまでの調査で船体に大きな損傷は見つからず、移動させるだけの強度を保っていることが確認され、国土交通省は「引き揚げは可能」と判断して21日から作業に着手する方針を固めたということです。

具体的には、21日は船内から備品などが流出しないよう船体の開口部を閉める作業を中心に行い、早ければ22日、船にくくりつけたワイヤーで水深10メートルの位置までつり上げるということです。
そのまま海中で観光船を移動させ、作業船がいかりをおろすことができる水深の海域まで航行したうえで、早ければ今月23日にも、作業船の上に船を引き揚げる方針です。
ただ、現場海域は潮の流れが速いことから作業が予定どおり進まないことも想定され、国土交通省は慎重に作業を進めることにしています。