日産と三菱自動車 共同開発の軽自動車サイズEV この夏販売へ

国内でEV=電気自動車の投入が相次ぐ中、提携している日産自動車と三菱自動車工業は、国の補助金を使うと価格が200万円を切る軽自動車サイズのEVを夏に販売すると発表しました。軽自動車は利用者が多く、EV普及の弾みとなるか注目されます。

日産自動車と三菱自動車工業は、20日岡山県倉敷市の工場で式典を開き、共同で開発した軽自動車サイズのEVを、この夏に販売すると発表しました。

軽自動車の利用者の多くは1日当たりの走行距離が50キロ以下だという会社の調査にもとづき、1度の充電で走れる距離を180キロと一般的なEVより短く、電池を小型にしています。その分価格を抑え、国の補助金を使うとおよそ180万円で購入できるということです。また、車に充電した電気は専用の機器を使えば住宅で使うことができるとしています。

軽自動車は国内の新車販売のおよそ4割を占めるなど利用者が多く、両社はこの分野にEVを投入することで、需要を取り込むねらいです。

式典で日産の内田誠社長は「日本における電気自動車のゲームチェンジャーになると確信している」と述べました。

また、三菱自動車の加藤隆雄社長は「カーボンニュートラル社会の実現の一助となる新世代の軽EVだ」と述べました。

軽自動車サイズのEVは、ホンダやスズキ、ダイハツ工業も投入を計画していて、新車販売に占める割合が1%未満のEVが普及する弾みになるか、注目されます。

海外や商用車の分野では、軽自動車サイズのような小型EVの投入が相次いでいます。

中国 日本円で50万円切るEV

中国では、おととし、地元のEVメーカーが、日本円で50万円を切る2人乗りのEVを販売しました。

最も安いグレードでは、1度の充電で走行できる距離が120キロ、冷房機能もつけないなど、メーカーは低価格路線を徹底的に追求し、1年足らずで27万台を販売しました。

物流業界が軽自動車サイズのEV導入

物流業界などでも小型のEVを導入する動きが出ています。

佐川急便は、東京のベンチャー企業と軽自動車サイズのEVを共同で開発しました。

車の生産は中国で行うことにしていて、配送用の軽自動車およそ7000台を2030年までに置き換える計画です。

目指せ!買えるEV

小型のEVをめぐっては、かつて三菱自動車工業が2009年に世界に先駆けて量産を始めたEV「アイ・ミーブ」を販売しました。

しかし、ガソリン車と比べると、初代モデルは、1度の充電で走行できる距離は160キロと短く、車の価格は補助金なしでおよそ460万円と割高でした。

その後、電池のコストを下げながら耐久性を高めたり、電気をためる容量を増やしたりする研究開発が進み、三菱が日産とともに投入する今回のEVは、アイ・ミーブよりも距離を伸ばしながら、価格は半分ほどに抑えています。

このほかの自動車メーカーでも、ホンダが再来年に、スズキとダイハツ工業は2025年までに、軽自動車サイズのEVを販売する方針で、どこまで市場に受け入れられるかが注目されています。