“ファスト映画で著作権侵害” 映画会社が5億円の賠償求め提訴

映画を10分程度にまとめた違法な動画、「ファスト映画」を公開したとして全国で初めて摘発され有罪が確定した3人に対し、大手映画会社など13社が「著作権を侵害された」として、総額5億円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

「ファスト映画」は映画の映像を無断で使用し、字幕やナレーションをつけて10分程度にまとめてストーリーを明かす違法な動画で、インターネットに公開して広告収入を得ていた20代と40代の男女3人が去年、全国で初めて摘発され、著作権法違反の罪で有罪が確定しています。

この3人に対し、大手映画会社の東宝や日活など合わせて13社が、「ファスト映画を公開され著作権を侵害された」として総額5億円の賠償を求める訴えを19日、東京地方裁判所に起こしました。

記者会見した映画会社側の中島博之弁護士は「創作の苦労をしていない人がタダ乗りで金をもうけていいわけがない。重大なペナルティがあることを示し、抑止につなげたい」と話しました。

映画などの会社で作るCODA(コーダ)=コンテンツ海外流通促進機構によりますと、3人が公開した「シン・ゴジラ」など国内の54作品について再生回数を調べたところ、265万回に達するものもあったということです。

CODAの後藤健郎代表理事は「多くの人が安易に視聴し、犯罪を助長した面も否めない。消費者も著作権保護を再認識してもらいたい」と話していました。