米 アラスカ州 ハンターで日本人登山者が滑落死か

アメリカの国立公園局は18日、アラスカ州の国立公園内にある山を登っていた日本人男性が、氷河の割れ目、クレバスに滑落し死亡したとみられると発表しました。

アメリカの国立公園局によりますと、17日、アラスカ州のデナリ国立公園内にある山 ハンターで、神奈川県から登山に訪れていた43歳の日本人男性がクレバスに滑落したと救援要請がありました。

一緒に登山をしていた人によりますと、男性が標高およそ2400メートル付近を登っていた際に足元の氷が崩れチームメイトとつながれていたロープが外れてクレバスに落ちてしまったということです。

救援に駆けつけた国立公園局の職員が現場の状況を確認したところ、クレバスに大量の雪が落下していたことやクレバスの深さなどから男性は死亡したとみられるということです。

男性が登山していたハンターはアラスカ山脈で3番目に高い山で、斜面が急で構造が複雑なことからアメリカで最も登頂が難しい山の1つとして知られていて、国立公園局では男性の捜索が可能かどうか改めて調査することにしています。