愛知 大規模漏水 工業用水は利用可能も 農業用水のめどたたず

大規模な漏水が起きている愛知県豊田市にある取水施設では、ポンプの設置が進められ、工業用水については19日夜7時から段階的に利用できるようになりました。
一方で、農業用水を確保するめどはたっていないということです。

豊田市の矢作川にある取水施設では大規模な漏水が起きて、取水口から水をくみ上げることができなくなり、東海農政局では応急措置として土のうを設置して水がたまりやすくする工事をしたうえで、42台のポンプを設置し、川から直接水をくみ上げて工業用水の取水路に流しています。

この結果、愛知県は、浄水場でためている水の量が通常の水準に回復したとして19日夜7時から、使う水の量を通常の3割ほどに抑えるよう求めたうえで、段階的に工業用水を利用できるようにしました。

県は、3つのエリアにわけて水の供給を進めていて、20日未明にもすべての事業所で利用できるとしています。

19日夜に会見した愛知県企業庁の塚原康仁技術監は「関係省庁や農業関係者の協力で再開に至ったことを感謝している。引き続き復旧を急ぎ、安定した供給を確保できるよう取り組んでいきたい」と述べました。

一方、農業用水について、農政局は、水量の確保に必要な台数のポンプを19日中に設置するのは難しく、復旧の見通しについてもたっていないとしています。

原因は水門の川底のコンクリート破損か

東海農政局によりますと、漏水が起きているのは、愛知県豊田市水源町にある「明治用水頭首工」と呼ばれる水門の左岸に近い部分で、川底にあるコンクリートが破損したことが原因とみられています。

この場所の周囲だけ土砂の流出を止めるための鉄板が岩盤に向かって打ち込まれていることから、この付近には、水を通しやすい砂れきの層が広がっているとみられるということです。

東海農政局は、破損したコンクリートの穴に水が流れこみ、鉄板のある砂れき層か、岩盤のさらに下にある水を通しやすい地層を通って下流に達した可能性があるとしています。

東海農政局は19日、調査員を現地に派遣して詳しい状況を調べるとともに、復旧作業を今後どのように進めるか検討することにしています。

専門家「老朽化 原因の一つか」

名古屋大学の平山修久准教授は、この取水施設のように、社会的に重要な役割を担う施設では、稼働を止めることができず、維持管理の点検が行いにくい実情があると指摘したうえで「漏水の原因は今後調査をしないと分からないが、最後の整備から40年近く使われてきた施設なので、老朽化は原因の一つとして考えられる」としています。

漏水の影響がどれほど続くかについては「今の時点では分からない」としたうえで、今後求められる対策として「現場の明治用水は地域を支えるインフラであり、今回の経験をどう生かすかが重要だ。原因を究明することも大切だが、責任の所在を追及するのではなく、次にどう生かすかという視点が大切になる」と指摘しています。

愛知 西尾のコメ農家「命の水 早く直ること願う」

漏水が起きた取水施設から農業用水の供給を受けている愛知県西尾市にある杉浦博文さんの水田では、19日に予定していた田植えができない状態となっています。

杉浦さんはおよそ13ヘクタールの水田でコメを作っていて、コシヒカリの田植えは終わりましたが、晩稲の「あいちのかおり」のおよそ8ヘクタールの田植えは19日から始める予定でした。

17日、田植え前に田んぼをならす「代かき」の作業をしている最中に、今回のトラブルを知ったということです。

田植えをしたあとの水田では新たに水をはらないと除草剤をまけないため、農業用水の供給が再開されるまで田植えができないということです。

田植えを予定していた苗が枯れるおそれがあることから、急きょ、ホームセンターでポンプを購入して、1キロほど離れた川から2000リットルの水を組んできて、一日2回から3回、30分から1時間ほどかけてまいているということです。

杉浦さんは「すぐに田植えをしないと苗も弱って生育も悪くなるので一刻も早く植えたい。農業用水は農家にとっては命の水なので早く直ることを願っています」と話していました。