JR只見線 11年ぶり全線で運転再開へ 新潟・福島豪雨で一部不通

福島県会津若松市と新潟県魚沼市を結ぶJR只見線は、11年前の豪雨被害で不通となっている区間の運転をことし10月1日に再開し、およそ11年ぶりに全線で運転再開することになりました。

JR只見線は、只見川沿いの渓谷を縫うように走る風光明美な路線として知られますが、平成23年7月の「新潟・福島豪雨」で橋や線路が流されるなどの被害を受け、福島県の会津川口駅と只見駅の間の27キロ余りの区間で今も不通となっています。

JR東日本と福島県は18日に県庁で共同で記者会見を開き、只見線の運転をことし10月1日に再開し、1日3往復の列車を運行すると発表しました。

これによって只見線はおよそ11年2か月ぶりに会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅まで全長およそ135キロがつながり全線で運転再開となります。
不通となっている区間は、沿線の過疎化などで一時、廃線も議論されましたが、地元の強い要望を受けておよそ90億円かけて4年前から復旧工事が進められていて、運転再開後は列車の運行をJRが担う一方線路や駅舎などの維持管理を県が行う「上下分離方式」で運営されることになっています。

県は、年間およそ3億円と見込まれる維持管理費を地元の17市町村と分担することにしていて、今後只見線を地域経済の活性化にどのようにつなげていくかが課題です。

福島県内堀知事「只見線を核とした地方創生に挑戦」

福島県の内堀知事は「11年という長い年月を経てようやく只見線が全線復旧できることは感無量だ。只見線を応援する皆さんとともに活用に取り組み、只見線を核とした地方創生に挑戦していく」と述べました。

また、JR東日本の三林宏幸仙台支社長は「只見線は秋は紅葉が美しく、四季折々の自然が楽しめる路線だと思う。記念列車の運行も含めて観光をどう盛り上げるか地元からアイデアをもらいながら考えていきたい」と述べました。