ソニー「メタバース」サービス強化へ ゲームなどの分野で

ソニーグループは、インターネット上の仮想空間「メタバース」を、今後の成長分野に位置づけ、自社が手がけるゲームや音楽などのエンターテインメント分野で、サービスを強化していく方針を明らかにしました。

ソニーグループの吉田憲一郎社長は18日、都内で今後の経営方針について説明会を開きました。

この中で吉田社長は、今後成長が見込まれる分野として、インターネット上の仮想空間=「メタバース」を挙げ、サービスを強化していく考えを明らかにしました。

メタバースは、立体的な仮想空間の中で、利用者が分身のアバターを通じて、交流したり買い物などを楽しんだりすることができ、アメリカのIT大手「メタ」をはじめ、国内外の多くの企業が、次世代のサービスの基盤になるとして注目しています。

ソニーグループは、メタバースの関連技術に強みを持っているアメリカのゲーム会社の買収を進めていて、これを軸にゲームだけでなく、自社が手がける音楽やアニメの事業などでも、新しいサービスをつくっていく方針です。
吉田社長は「多様なエンタメ事業と長年取り組んできたゲーム技術の特徴を生かし、クリエイターとユーザーがつながる、新しい感動体験を創出していきたい」と述べました。

また、ホンダとの提携を発表しているEV=電気自動車の事業について吉田社長は、センサーと通信の技術をいかし、売ったあとも機能をアップデートできる車づくりを目指す考えを示しました。