加藤豪将 メッツで大リーグ昇格 ブルージェイズ戦力外から

大リーグ、メッツ傘下のマイナーリーグで今月からプレーしていた加藤豪将選手が17日、大リーグに昇格しました。

カリフォルニア州出身で27歳の加藤選手はプロ10年目のことし、ブルージェイズで大リーグに昇格し、日本選手の野手では初めて、日本のプロ野球を経験せずに大リーグ入りを果たし、初ヒットも打ちました。

加藤選手は今月、ブルージェイズを戦力外となり、その後ニューヨークを本拠地とするメッツに移籍して傘下のマイナーリーグでプレーし、17日、メッツでは初めて大リーグに昇格しました。

この日、メッツは本拠地でカーディナルスと1日に2試合を行うダブルヘッダーが組まれていて、加藤選手は第1試合と第2試合の間に行われたメンバー変更で第1試合に登板したリリーフピッチャーに代わって登録されました。

背番号は「25」となっています。

加藤選手は内外野のどこでも守れる守備力や俊足が持ち味で、第2試合ではベンチスタートとなっています。