秋篠宮さま「日本植物園協会」大会で岐阜県を訪問

秋篠宮さまは、総裁を務める「日本植物園協会」の大会のため岐阜県を訪問されました。

全国の植物園などが加盟する「日本植物園協会」の大会は、17日、岐阜県各務原市で開会式が開かれ、総裁を務める秋篠宮さまがおことばを述べられました。

この中で、秋篠宮さまは、新型コロナウイルスの影響で来園者が減っていることに触れたうえで「そのような中にあっても来園者に安心して利用していただける仕組み作りへの取り組みや、ウェブによる情報発信など、新たな展開に工夫を凝らされている園も多いと伺っております。これらのことは植物園の意義を多くの方々に知っていただくことに寄与していることと思います」などと述べられました。

また、これを前に秋篠宮さまは、開会式の会場の博物館にある薬草などの植物園を視察し、職員の説明を受けながら熱心にご覧になっていました。

秋篠宮さまの地方への訪問は、先月「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」に伴う一連の関連行事を終えて以降初めてで、18日、日本植物園協会の研究発表会に出席するなどしてから東京に戻られる予定です。