知床 観光船沈没 潜水士を乗せた作業船 きょう網走港に到着

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、船内を捜索するための潜水士を乗せた民間の作業船が17日午前、現場に近い網走港に到着します。
早ければ19日から潜水士が海底に潜って、船に取り残された人がいないか捜索活動にあたることにしています。

先月23日、知床半島の沖合で乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1」(19トン)が沈没した事故は、乗客14人が死亡、今も12人の行方がわかっていません。

第1管区海上保安本部や自衛隊、警察などが知床半島周辺の海域や陸側の海岸線などで捜索していますが、行方不明者は先月28日を最後に見つかっていません。

「飽和潜水」早ければ19日から捜索へ

捜索が難航する中、海上保安庁から依頼を受けた民間のサルベージ会社は、深い海に対応できる「飽和潜水」と呼ばれる方法で捜索を行うことにしていて、任務にあたる潜水士を乗せた作業船が17日午前9時ごろ現場に近い網走港に到着する予定です。

作業船では、4人の潜水士が加圧タンクに入り、深海の高い水圧に体を慣らすなど準備を整えるということです。

潜水士たちは、早ければ19日から水深およそ120メートルの海底に潜って船に取り残された人がいないか捜索を行い、その後、船の引き揚げに向けた調査も進めることにしています。