沖縄本土復帰50年 記念式典 岸田首相「基地負担軽減に全力」

沖縄が本土に復帰してから15日で50年を迎えました。
沖縄では政府と沖縄県が共同で記念式典を開催し、岸田総理大臣が基地負担の軽減に全力で取り組むことを強調した一方、玉城知事は政府に対し、平和で豊かな沖縄の実現に向けて取り組むよう求めました。

沖縄の本土復帰50年を記念する式典は、政府と沖縄県が共同で沖縄県宜野湾市と東京 港区の2つの会場をオンラインで結んで同時に開催され、沖縄の会場には岸田総理大臣や玉城知事など合わせて781人が出席しました。
また、天皇皇后両陛下もお住まいの御所からオンラインで出席されました。

式典では、沖縄県の出身で、全盲のテノール歌手として知られる新垣勉さんが国歌を独唱しました。

このあと、岸田総理大臣は、沖縄が本土復帰50年を迎えたことについて「戦争によって失われた領土を外交交渉で回復したことは史上まれなことであり、日米両国の友好と信頼により可能となったものだ。この50年、沖縄は着実に発展の歩みを進め、政府はその歩みを後押ししてきた。本日、沖縄の歩んだ歴史に改めて思いをいたし、沖縄県民のひたむきな努力に深甚なる敬意を表したい」と述べました。

一方、沖縄のアメリカ軍基地について「復帰から50年がたつ今もなお、沖縄の皆様には大きな基地負担を担っていただいている。政府として、重く受け止め、引き続き基地負担の軽減に全力で取り組んでいく」と述べました。

そして、再来年度以降に返還が予定されているアメリカ軍キャンプ瑞慶覧の「ロウワー・プラザ住宅地区」について返還に先立ち、緑地公園として利用できるよう、近く日米両政府で合意する見通しだとして、来年度中の利用開始に向けて必要な準備を進める考えを示し「これからも日米同盟の抑止力を維持しながら基地負担軽減の目に見える成果を一つ一つ着実に積み上げていく」と述べました。

そして「復帰から50年という大きな節目を迎えた今日、沖縄がアジア太平洋地域に、そして世界に力強く羽ばたいていく新たな時代の幕が開けたことを感じている。復帰から今日に至る沖縄県民のたゆまぬ努力と先人たちの尽力に改めて敬意を表するとともに、世界の平和と沖縄のさらなる発展を祈念する」と述べました。
一方、玉城知事は、この50年の沖縄の歩みについて「1972年からの5次にわたる沖縄振興計画等により、社会基盤の整備等によって本土との格差は縮小され、社会経済は着実に進展した。しかしながら、1人当たり県民所得は全国平均の水準に達しておらず、自立型経済の構築はなお道半ばにあるとともに、子どもの貧困や離島における不利性、ぜい弱な産業構造など依然として克服すべき多くの課題が残されている」と述べました。

そして、沖縄のアメリカ軍基地をめぐり「復帰から50年たった現在も、わが国の国土面積の0.6%にすぎない沖縄県に全国の在日アメリカ軍専用施設面積の70.3%が集中し、アメリカ軍人・軍属による事件・事故、騒音、環境汚染等、県民は過重な基地負担を強いられ続けている」と指摘しました。

そのうえで政府に対し、沖縄の本土復帰の意義と重要性について国民全体の認識の共有を図るとともにすべての県民が真に幸福を実感できる平和で豊かな沖縄の実現に向けて取り組むよう求めました。
天皇陛下は「先の大戦で悲惨な地上戦の舞台となり、戦後も約27年間にわたり日本国の施政下から外れた沖縄は、日米両国の友好と信頼に基づき、50年前の今日、本土への復帰を果たしました。大戦で多くの尊い命が失われた沖縄において、人々は『ぬちどぅたから』(命こそ宝)の思いを深められたと伺っていますが、その後も苦難の道を歩んできた沖縄の人々の歴史に思いを致しつつ、この式典に臨むことに深い感慨を覚えます」と、おことばを述べられました。

そのうえで「沖縄には、今なお、さまざまな課題が残されています。今後、若い世代を含め、広く国民の沖縄に対する理解がさらに深まることを希望するとともに、今後とも、これまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています」と述べられました。
東京会場では、アメリカのエマニュエル駐日大使があいさつし「先月、沖縄を訪問し、平和祈念資料館と平和祈念公園を訪れ、戦争がもたらす悲惨な犠牲を改めて実感した。だからこそ、両国とその国民は、何としても平和を守らなければならない」と述べました。
一方、会場にはアメリカのバイデン大統領から寄せられたメッセージが展示され、この中でバイデン大統領は「アメリカ人と沖縄県民とのつながりは、アメリカと日本の関係を深化させるかけがえのない要素だ。アメリカと日本の関係の次の50年を見据える中、われわれが共有する歴史は次世代の教育と経済機会に投資すれば、あらゆることが可能になると強く思い出させてくれるだろう」としています。

記念式典であいさつした人は

県民代表として記念式典であいさつした高良政勝さん(82)は式典のあと「復帰からもう50年もたったのかという思いと、50年もたったのに何も変わっていないという思いの両方があります」と率直な思いを語りました。

高良さんは「『基地の中に沖縄がある』とも言われるくらい沖縄はどこを見ても基地で、これは正常ではなく弱い者いじめではないかとも思う。若い人のエネルギーで基地のない平和な沖縄を実現させてほしい」と話していました。

また、若者の代表としてあいさつした普天間真也さんと平敷雅さんが式典のあと取材に応じました。
普天間さんは「復帰当時は生まれておらず、あいさつするために当時のことを勉強したが、基地や経済の問題は50年たった今もあまり変わっていないと思った。これから沖縄を生きていくのは私たち若い世代だが、次の50年先までにこの問題を解決できるのかなというもやもやした気持ちで式典を迎えた。今後、基地のない、平和な沖縄になるために、何ができるかはまだわからないが、私が若者代表として話したことで、多くの若い人にこの問題を考えてもらえればと思う」と話していました。
平敷さんは「とても緊張して、本番前までは不安な気持ちがあったが、舞台に立つと、沖縄の若者の代表として胸を張って発信することができた。これからは若い世代の人材育成に力を入れて、沖縄を引っ張っていけるような人材を生み出していくことが重要だと思う」と話していました。

天皇陛下のおことばの全文

沖縄の本土復帰50年の記念式典で天皇陛下が述べられた、おことばの全文です。

沖縄復帰50周年に当たり、本日、沖縄と東京をオンラインでつなぎ、記念式典が開催されることを誠に喜ばしく思います。

先の大戦で悲惨な地上戦の舞台となり、戦後も約27年間にわたり日本国の施政下から外れた沖縄は、日米両国の友好と信頼に基づき、50年前のきょう、本土への復帰を果たしました。

大戦で多くの尊い命が失われた沖縄において、人々は「ぬちどぅたから」(命こそ宝)の思いを深められたと伺っていますが、その後も苦難の道を歩んできた沖縄の人々の歴史に思いを致しつつ、この式典に臨むことに深い感慨を覚えます。

本土復帰の日、中学1年生であった私は、両親と一緒にニュースを見たことをよく覚えています。

そして、復帰から15年を経た昭和62年、国民体育大会夏季大会の折に初めて沖縄を訪れました。

その当時と比べても、沖縄は発展を遂げ、県民生活も向上したと伺います。

沖縄県民を始めとする、多くの人々の長年にわたるたゆみない努力に深く敬意を表します。

一方で、沖縄には、今なおさまざまな課題が残されています。

今後、若い世代を含め、広く国民の沖縄に対する理解がさらに深まることを希望するとともに、今後とも、これまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています。

美しい海を始めとする自然に恵まれ、豊かな歴史、伝統、文化を育んできた沖縄は、多くの魅力を有しています。

沖縄の一層の発展と人々の幸せを祈り、式典に寄せることばといたします。

普天間基地近くの住民は

沖縄県宜野湾市のアメリカ軍普天間基地の近くに住む波平道子さん(73)は、ヘリコプターの墜落事故などが起きる危険な基地と隣り合わせで生活する現状に複雑な思いを抱きながら15日の記念式典の様子をテレビで見守りました。

波平さんは、沖縄の本土復帰の1年前、1971年から半世紀以上にわたって普天間基地に近い、宜野湾市の上大謝名地区に住んでいます。15日は、本土復帰50年の記念式典の中継番組を大きな画面で見たいと自宅近くの公民館にあるテレビで見守り、岸田総理大臣の発言をノートに書き留めていました。

波平さんは「本土並みになったというが、基地と経済では本土並みになっていないと思います。岸田総理大臣は、基地軽減に取り組んでいくと言うが、どこを軽減するのかとしか思えません。式典を見てて複雑な気持ちです」と話していました。

そのうえで波平さんは「今も変わらない基地の現状を子や孫たちに引き継いでいくのは心苦しいです。復帰50年はお祝いの年ではなく、これから沖縄の問題をどうするのか考える年だと思います」と話していました。

50年前の式典に参加した人は

50年前の5月15日、那覇市で開かれた政府主催の記念式典に当時、県庁の職員として出席した平良亀之助さん(85)は、テレビで流れる記念式典の様子を複雑な思いで見つめていました。

平良さんは、沖縄県庁の元職員で、50年前の式典当日は広報係として那覇市の会場にいました。

平良さんは15日、本土復帰50年の記念式典の中継番組を那覇市の自宅のテレビで見守りました。

平良さんは「そんなことまで言ってくれるかということもなく、通りいっぺんに式典は終わった。50周年という意味や価値のあるものではなかった」と話しました。

平良さんは、復帰の前年、国会で沖縄返還協定について議論されている際、国会での議論に沖縄の声を反映してもらおうと当時の琉球政府がまとめた建議書の作成に携わりました。

建議書には「基地のない平和の島としての復帰を強く望む」などと書かれていましたが、復帰後も沖縄にはアメリカ軍専用施設が集中しています。

平良さんは「岸田総理大臣の『基地負担軽減に取り組む』という発言が飾りことばのようにしか聞こえなかった。“核抜き・本土並み”というのが復帰の1枚看板だった。“基地のない平和な島”というのが人が住む条件だと思う」と話していました。

式典に続いて記念レセプション 復帰50年を祝う

政府と沖縄県は、沖縄の本土復帰50年を記念する式典に続いて記念レセプションを沖縄の会場で開き、岸田総理大臣や玉城知事などが出席して沖縄の伝統芸能などを鑑賞しながら復帰50年を祝いました。

記念レセプションは宜野湾市で開かれ、この中で岸田総理大臣はレセプションについて「沖縄の伝統、歴史を感じるとともに将来に向けた沖縄の可能性を実感できるものになると期待をしている。皆さんとともに沖縄文化の豊かさとそして沖縄の持つ可能性に思いを巡らす機会としたい」と述べました。

また玉城知事は「沖縄の新たな時代においても沖縄文化の根底に流れるちむぐくる(肝心)を忘れずに努力を重ね次世代に継承し、ちむどんどん(わくわく)するような新しい文化の創造につながるよう取り組みたい」と述べました。

そして、岸田総理大臣や玉城知事、それに西銘沖縄・北方担当大臣らが沖縄の酒、泡盛の古酒が入った大きなかめにことしできた新酒を注ぎ、復帰50年を祝うとともに沖縄の一層の発展を願いました。
このあと沖縄県出身の琉球舞踊家で国の重要無形文化財の保持者、いわゆる「人間国宝」の志田房子さんと宮城幸子さんが祝いの場などで披露される琉球舞踊「かじゃでぃ風」を、地元の高校生が八重山地方を代表する踊りの1つ「黒島口説」を、それぞれ披露しました。

また、東京オリンピックの空手男子形で金メダルを獲得した沖縄県出身の喜友名諒さんなどが形を披露し、力強く迫力のある演技に会場からは大きな拍手が送られました。