エンジェルス 大谷翔平 2安打1打点 ダブルヘッダー第1試合

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がアスレティックスとのダブルヘッダーの第1試合に指名打者でフル出場し、ツーベースを含む2安打1打点と活躍しました。

大リーグ通算100号ホームランまであと1本としている大谷選手は14日、相手の本拠地オークランドで行われたアスレティックスとのダブルヘッダーの第1試合に3番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席はノーアウト一塁三塁のチャンスでショートへのゴロを打ち、この間に三塁ランナーが先制点となるホームを踏んで大谷選手は4試合ぶりに打点をあげました。

このゴロで相手のショートと一塁ランナーが二塁ベースへのタッチで競り合い、いったんは内野安打の判定となりましたが、相手チームの申請によるビデオ判定の結果、ショートゴロとなりました。

続く3回の第2打席はインコースのボールを振り抜いてライトへ運び、ツーベースヒットとなりました。

5回の第3打席では2球目の変化球を打ちライトのフェンス際へ鋭いライナーを飛ばしましたが、ポールの外側にそれて惜しくもホームランにはなりませんでした。

この打席で大谷選手は次の3球目となるアウトコースの変化球にうまく合わせて逆方向のレフト前に運び2打席連続のヒットとしました。

このあと8回の第4打席はサードゴロ、9回の第5打席はフォアボールで、大谷選手はこの試合で4打数2安打1打点とし、打率を2割5分7厘に上げました。

試合はエンジェルスが2点リードの9回ツーアウトからアスレティックスに逆転サヨナラとなるスリーランホームランを打たれて3対4で敗れました。