沖縄 本土復帰50年 天皇皇后 両陛下もオンラインで式典に出席

沖縄が本土に復帰してから50年になる15日、沖縄と東京の2つの会場で同時に開催される記念式典には、天皇皇后両陛下もオンラインで出席されます。

記念式典は政府と沖縄県が共同開催し、15日午後、沖縄県宜野湾市と東京・港区の2つの会場で同時に行われます。

沖縄と東京で同時に開催されるのは、沖縄が本土に復帰した50年前の昭和47年(1972年)以来で、この時は昭和天皇が香淳皇后とともに出席しました。

また、復帰20年の平成4年(1992年)には上皇ご夫妻が臨まれています。

いずれも東京の会場への出席でしたが、今回、天皇皇后両陛下は皇居のお住まいからオンラインで出席されます。

天皇陛下は上皇ご夫妻の沖縄への思いを大切に受け継ぎながら戦争の歴史と向き合い、平和を願われてきました。

皇太子になる前の昭和62年の初訪問以来、これまでに5回、沖縄に足を運ばれています。

また、「豆記者」と呼ばれる、夏休みに記者の仕事を体験する沖縄の子どもたちと上皇ご夫妻との懇談に子どものころからたびたび加わるなど「豆記者」との交流を通じて沖縄の歴史や文化への理解を深められました。

沖縄県豆記者交歓会の顧問、川満茂雄さん(75)は「上皇ご夫妻の平和であってほしい、戦争を繰り返さないでというメッセージは天皇皇后両陛下に引き継がれていると思います。両陛下には沖縄に来ていただき、『慰霊の旅』としてだけではなく、今の沖縄も見てほしい」と話していました。