静岡・関東中心に雨強まる しばらくは激しい雨のおそれ 注意を

前線や低気圧の影響で、静岡県や関東南部を中心に14日朝にかけて局地的に雨が強まりました。大雨のピークは過ぎる見通しですが、しばらくの間は激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、前線や低気圧の影響で大気の状態が不安定になり、13日夜から14日朝にかけては静岡県や関東南部を中心に局地的に雨が強まりました。

静岡県や神奈川県など雨の量が多かった地域では、これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害が起きやすくなっている地域があります。

雨雲は次第に東へと進み大雨のピークは過ぎる見通しですが、関東南部や伊豆諸島では、このあとしばらくの間、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。

また、前線の影響で、沖縄県では15日にかけて激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか、落雷や突風にも十分注意するよう呼びかけています。