プロ野球結果 ロッテの佐々木朗希 リーグトップに並ぶ4勝目

プロ野球は広島対ヤクルト、DeNA対阪神が雨のため中止となり4試合が行われ、ロッテの佐々木朗希投手がリーグトップに並ぶ4勝目を挙げました。

パ・リーグ

西武対楽天は、西武が4対2で勝ちました。

西武は1対2の6回、外崎選手のタイムリーと中村選手の3号ソロで2点を奪って逆転し、8回には柘植選手の犠牲フライで1点を加えました。先発の高橋投手は6回2失点でリーグトップに並ぶ4勝目。増田投手が8セーブ目を挙げました。
楽天先発の瀧中投手は味方がリードした直後の6回の勝負どころで粘ることができずチームは3連敗です。

オリックス対ロッテは、ロッテが4対1で勝ちました。

ロッテは先発の佐々木朗希投手が7回を投げ、打たれたヒット6本、7個の三振を奪って1失点に抑え、リーグトップに並ぶ4勝目を挙げました。打線は1回にレアード選手の犠牲フライで先制し、3回には中村奨吾選手のタイムリー、8回はレアード選手の4号ソロなどで追加点を挙げました。ロッテは3連勝です。
オリックスは佐々木朗希投手と今シーズン3回目の対戦でしたが、白星を挙げることができませんでした。

日本ハム対ソフトバンクは、日本ハムが1対0で勝ちました。

日本ハムは先発の伊藤投手が緩急を使ったピッチングで相手打線をヒット3本に抑え、万波選手のタイムリーヒットで奪った1点のリードを守りきり、今シーズン初めての完封でリーグトップに並ぶ4勝目を挙げました。
ソフトバンク先発の千賀投手は8回を投げ1失点、14個の三振を奪う力投でしたが打線の援護がなく初黒星を喫しました。チームの連勝は「7」で止まりました。

セ・リーグ

巨人対中日は、巨人が5対2で勝ちました。

巨人は2対2と同点の7回、ポランコ選手のこの試合4安打目のヒットがタイムリーとなり1点を勝ち越しました。8回には中田選手の3号2ランで追加点を挙げました。先発の戸郷投手はランナーを背負いながらも要所を締めて7回2失点と粘りリーグトップの5勝目を挙げました。
中日先発の大野雄大投手が6回2失点と好投しましたが、打線が援護できませんでした。