大相撲夏場所6日目 横綱 照ノ富士は玉鷲に敗れて2敗目

大相撲夏場所は6日目、横綱 照ノ富士が平幕の玉鷲に敗れて2敗目を喫しました。玉鷲は3場所続けて金星を挙げました。

中入り後の勝敗です。

▽翠富士に王鵬は翠富士がはたき込みで勝ちました。

▽豊山に千代大龍は千代大龍がはたき込み。

▽明生に東龍は東龍が上手投げ。

▽輝に妙義龍は妙義龍が肩透かし。

▽佐田の海に荒篤山は佐田の海が押し出し。

▽一山本に碧山は碧山がはたき込みで勝ちました。初日から5連勝の2人の対戦は碧山が勝ちました。

▽隠岐の海に琴勝峰は琴勝峰が寄り切り。

▽栃ノ心に千代翔馬は栃ノ心が小手投げ。

▽照強に錦木は錦木が寄り切り。

▽志摩ノ海に宝富士は志摩ノ海が寄り切り。

▽若元春に琴恵光は琴恵光がとったりで勝ちました。

▽翔猿に阿武咲は阿武咲がろっ骨の骨折で、13日から休場し翔猿が不戦勝です。

▽宇良に遠藤は遠藤が押し出し。

▽琴ノ若に霧馬山は霧馬山が送り出し。

▽大栄翔に豊昇龍は豊昇龍が寄り切り。

▽高安に若隆景は若隆景が送り出しで勝ちました。

▽大関 正代に隆の勝は隆の勝が寄り切り。正代は5敗目です。

▽北勝富士に大関・御嶽海は御嶽海が上手出し投げ。

▽大関 貴景勝に阿炎は阿炎が引き落とし。

▽玉鷲に横綱 照ノ富士は玉鷲が押し出しで勝ちました。玉鷲はことしの初場所から3場所続けて金星を挙げました。

夏場所は6日目を終えて平幕の碧山がただひとり初日から6連勝です。

力士の談話

佐田の海は、5勝目を挙げて先場所の勝ち星に並び、「我慢して相撲が取れている。体の調子のよさが白星につながっている」と充実した様子でした。

平幕 碧山は、一山本と勝ちっ放しどうしの対戦に勝ち、「一歩踏み込んで前に攻めて、相手のバランスを崩して、うまく決めることができた」と振り返りました。
幕内でただ1人の6連勝となりましたが、「まだ半分も終わっていない。一日一日の相撲に集中したい」と冷静でした。

一方、敗れた一山本は「気持ちを切り替えて相撲を取りたい。もっと思い切り当たっていきたい」と前向きでした。

豊昇龍は、大栄翔と小結どうしの一番を制し「なるべく突きをさせないよう集中した。この気持ちで最後まで頑張りたい」と振り返りました。

敗れた大栄翔は「今場所の内容は悪くないので、切り替えが大事。連敗しないようにしたい」と14日以降を見据えました。

関脇 若隆景は、先場所優勝を争った高安に勝って3勝目を挙げ、「下から下からの意識で相撲を取った。一番一番、自分の相撲を取ろうと思う」と落ち着いていました。

隆の勝は大関 正代を破り、「先手先手で行こうと思っていたので、うまく取れてよかった。先場所よりも動きがいい」と手応えを口にしていました。
先場所は大きく負け越したことから自分の取組の映像を見直したということで「これだけだめなところがあると再確認できたのでよかった」と調子が上向いた要因を話していました。

関脇 阿炎は、大関 貴景勝を破って4勝目を挙げ、「大関の圧力が強くて押されたが、体が動いてくれて勝ちにつながったのかなと思う」と取組を振り返りました。
そのうえで、「自信を持って土俵に上がることができていると思うので、あすからも自分のできることを一番一番していきたい」と意気込みました。

玉鷲は、横綱 照ノ富士を一気に押し出し、3場所連続の金星を挙げました。
玉鷲は「横綱に勝ったのは信じられない。『うれしい』と、『信じられない』の、かけあわせだ。帰って師匠にいい報告ができる」と明るく振り返りました。
それでも、ここまで万全の取組かを聞かれると、「まだ穴がある。それを塞ぐように練習していきたい」と謙虚に答えていました。

照ノ富士は取材には応じず、国技館をあとにしました。