大相撲夏場所 平幕の阿武咲 きょうから休場 ろっ骨の骨折で

大相撲の平幕 阿武咲がろっ骨の骨折で、夏場所6日目の13日から休場することになりました。

今場所、東の前頭5枚目の阿武咲は5日目の12日、大関 貴景勝に敗れて2勝3敗となりました。

阿武咲は13日、千葉市内の医療機関で診察を受けた結果、左のろっ骨の骨折で、およそ1か月の治療が必要の見込みと診断されました。

阿武咲は、日本相撲協会に休場を届け出て、夏場所6日目の13日から休場することになりました。

阿武咲の休場は平成30年の春場所以来4回目で、13日に対戦する予定だった平幕の翔猿は不戦勝となります。