岸田首相 あすから沖縄訪問 本土復帰50年の記念式典に出席へ

岸田総理大臣は、14日から2日間の日程で沖縄県を訪問し、沖縄の本土復帰50年に合わせて開催される記念式典に出席するほか、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で、先の大戦の犠牲者を追悼することになりました。

これは松野官房長官が、閣議のあとの記者会見で発表しました。

それによりますと、岸田総理大臣は14日から2日間の日程で沖縄県を訪問します。

14日は、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で、先の大戦の犠牲者を追悼するほか、3年前、主要な建物が全焼した首里城を訪れ、再建工事の進捗(しんちょく)状況を視察するということです。

そして、沖縄の本土復帰から50年になる15日には、宜野湾市で開かれる記念式典に政府を代表して出席し、式辞を述べることにしています。