観光船沈没 去年の事故の改善報告書などきょう公表へ 岸田首相

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、岸田総理大臣は運航会社が去年、別の事故で国の特別監査を受けた際に事業者から提出された改善報告書などを、13日中に公表する方針を明らかにしました。

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故では、運航会社が去年、別の事故で国の特別監査を受けた際、出航を判断した経緯を記録に残していなかったとして、改善を指導されていたことなどがわかっています。

これについて、岸田総理大臣は衆議院内閣委員会で「今回の事故を起こした事業者に対して、去年国土交通省から発出した行政指導文書、事業者から提出された改善報告書については個人情報に配慮しつつ、本日中に開示する予定だと国土交通省から報告を受けた」と明らかにしました。

一方、現在、事業者に対して行っている特別監査については「立入検査や関係者からの事情聴取などを進め、事故時の状況、安全管理対策の実施状況などについて確認している状況だ。この特別監査についてはまだ終了時期などを示すことはできないが終了後、速やかに結果をまとめて公表する予定だ」と述べました。