山梨 道志村 人骨 不明女児の母親とミトコンドリアDNA型が一致

先月、山梨県道志村の山中で見つかった人の頭の骨の一部について、警察はDNA鑑定の結果、3年前に近くのキャンプ場で行方不明になった女の子の母親とミトコンドリアのDNA型が一致したと発表しました。

母親と親族関係にある人物として矛盾はないとしていて、警察はほかにも見つかっている骨などの鑑定を進めることにしています。

先月23日、山梨県道志村の山中で人の頭の骨の一部が見つかり、警察は当初行った鑑定で個人を識別するDNA型が検出できなかったことから、母方から遺伝するDNA型を検出して親族にあたるかどうかを調べる「ミトコンドリアDNA型鑑定」を進めていました。

その結果、3年前に近くのキャンプ場で行方不明になった、当時小学1年生の小倉美咲さんの母親とミトコンドリアのDNA型が一致したということです。

この結果について、警察は美咲さんの母親と親族関係にある人物として矛盾はないとしていますが、「特定はしていない」と説明しています。

山の斜面にある水がかれた沢ではその後の捜索で人の肩甲骨や、美咲さんが当時身につけていたものと特徴が一致する運動靴や長袖の服が見つかっています。

警察はこれらについても鑑定を進めるとともに、引き続き沢を重点的に捜索することにしています。