細田衆院議長 批判受け“今後 立場を自覚して発言控える”

細田衆議院議長は、12日夜、各党の代表者らと懇談し「国会議員を多少増やしてもばちはあたらない」などとしたみずからの発言に野党側から批判が相次いでいることを受けて、今後、発言を控える考えを示しました。

細田衆議院議長は、衆議院の小選挙区を「10増10減」することに繰り返し懸念を示したのに続き、10日は「1人当たりの月給で100万円未満のような議員を多少増やしてもばちはあたらない」と述べ、野党側からは「議長の資質も含めて大きな問題だ」などと批判が相次いでいます。

こうした中、細田議長は12日夜、議長公邸で各党の代表者らと懇談し、出席者によりますと細田議長は「お騒がせし、ご迷惑をおかけした」と述べたということです。

そのうえで「これまで議員として好きなことを言ってきたが、議長として発言すると各方面からお叱りを受けることになったので、今後は立場を自覚して控えることを決意した」と述べたということです。