観光船沈没 運航会社から聞き取り アマチュア無線業務使用疑い

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、北海道総合通信局は12日運航会社から聞き取りを行いました。
法律で禁止されているアマチュア無線を使った業務連絡が行われていた疑いがあるとして、今後、運用状況などを詳しく調べることにしています。

北海道総合通信局の職員は、沈没した観光船「KAZU 1」(19トン)の運航会社「知床遊覧船」から聞き取りを行うため、12日午後3時に斜里町ウトロにある事務所を訪れました。

運航会社は去年、安全管理規程に定めている業務用無線ではなく、アマチュア無線で船と連絡を取っていたとして、国から行政指導を受けました。

アマチュア無線は緊急時に非常通信は行えますが、業務での使用は禁止されていて、運航会社が行政指導を受けたあともアマチュア無線の運用を続けていた可能性もあることから、北海道総合通信局は実態について聞き取りました。

その結果、従業員の話から航行中の船が決められた地点を通過したことを連絡する際、アマチュア無線が使われていた疑いがあることが分かったということです。

また、安全管理規程に連絡方法として記されている業務用無線設備は確認できなかったということです。

北海道総合通信局は今後、無線の設置や運用状況などについて詳しく調べることにしています。
聞き取りを行った北海道総合通信局無線通信部の山田誠哉部長は「今後の調査で違法な事実が確認できた場合、適正な措置を行っていきたい」と話しています。

同業の1社 免許の有効期限切れたまま無線使用疑いも

北海道総合通信局は「知床遊覧船」以外に、斜里町ウトロで観光船を運航している同業の観光船の運航会社からも聞き取りを行っていて、このうち1社で、アマチュア無線局の免許の有効期限が切れたまま、無線が使われていた疑いがあるということです。