愛知 知立 道路側溝の遺体は29歳男性 刺し傷10か所以上

11日、愛知県知立市の道路の側溝で、殺害された男性の遺体が見つかった事件で、被害者は愛知県岡崎市の29歳の男性と確認されました。顔や腕などに刃物で刺されたような傷が10か所以上あったということで、警察は事件を目撃した人がいなかったかなど、捜査を進めています。

11日の朝、知立市の道路で、乗用車の前輪の片方が側溝にはまった状態で止まっていて、近くの側溝内で男性が血を流して倒れて死亡しているのが見つかり、警察は殺人死体遺棄事件として捜査を進めています。

警察が詳しく調べた結果、死亡したのは岡崎市井田新町の無職、三浦正裕さん(29)と確認されました。

上半身は服を着ておらず、顔や腕などに刃物で刺されたような傷が10か所以上あり、死因は失血死だったということです。

また、近くに止まっていた乗用車は、三浦さん名義のものだったということです。

遺体は草などがかぶせられた状態だったということで、警察は事件を目撃した人がいなかったかなど、捜査を進めています。