大相撲夏場所5日目 横綱 照ノ富士は平幕 北勝富士と対戦

大相撲夏場所は5日目、横綱 照ノ富士は平幕、北勝富士の挑戦を受けます。

夏場所は11日の4日目、横綱 照ノ富士が三大関を破っていた前頭2枚目の琴ノ若に勝って3勝目を挙げました。

一方、大関昇進の足固めの場所として注目される関脇 若隆景は小結 大栄翔に敗れ、2敗目を喫しました。

5日目の12日は、照ノ富士が前頭3枚目の北勝富士の挑戦を受けます。

過去の対戦では8勝3敗と照ノ富士が勝ち越しています。

横綱がまわしを取ってしっかりと四つに持ち込めば、優位は動きません。

照ノ富士は初日に突き押しの大栄翔に一方的に押し出されて敗れましたが、日ごとに安定感を取り戻しています。

しかし、相手の北勝富士も強烈な立ち合いからの突き押しが持ち味なだけに侮れません。

北勝富士としては横綱にまわしを取らせず、一気の攻めで勝機を見いだしたいところです。

関脇 若隆景は小結 豊昇龍との対戦です。

対戦成績は若隆景の3勝2敗ときっ抗しています。

大関陣のうち、2敗の御嶽海がベテランの玉鷲と、同じく2敗の貴景勝が阿武咲と対戦します。